ユニクロの手袋が安定の良さ!ヒートテックライナーファンクショングローブを徹底レビュー

ユニクロのヒートテックグローブ

こないだ買ったセブンイレブンの手袋がすごい良かったんですが、また冬用グローブを買ってしまいました。

それがこのユニクロのヒートテックグローブ。値段も1,500円(税抜)とセブンイレブンの商品と全く同じでリーズナブル。

そしてこれも、かなり満足度が高かったです。さすがユニクロ。一体どういう商品なのか、写真とともにレビューしていきますね。

セブンイレブンの手袋は以下の記事でレビューしています↓

セブンイレブンの手袋とバイク用手袋

セブンイレブンの手袋はコスパ高し!スマホ操作もできてバイク用グローブとしても十分使える

2018年12月20日

ユニクロのヒートテックグローブのレビュー

肘の内側にヒートテック素材を使用したユニクロの手袋。正式な名前は ヒートテックライナーファンクショングローブといいます。

色はグレーを選択。私は手がそれほど大きくないのでMサイズにしました。

それでも実際指を通してみると若干余り気味。セブンイレブンの手袋は割とぴったりだったので、ユニクロは全体的にサイズが大きめなのかもしれません。

ユニクロのヒートテックグローブ外観

何の装飾も見当たらない、ユニクロらしいシンプルなデザイン。外側はナイロン生地を使用しており若干光沢があります。

手触りはかなりさらさら。そして柔らかい。でも生地の厚みは割とあります。

ユニクロのヒートテックグローブ手のひら側

裏返してみました。何かを握った時に当たる部分と指先に滑り止めの素材が縫い付けられています。

さらに親指と人差し指の先は静電気を通す素材になっているので、スマートフォンの操作が可能です。この特徴、最近の手袋ではもはや常識になりつつありますね。

手首に近いところに何やら黒いパーツがあるのが分かりますが、これは左右の手袋を連結させるためのパーツです。

ユニクロのヒートテックグローブのリブ

リブ部分はニットではなくナイロン素材を採用。長さがさほどないので、袖の奥まで突っ込んで風の侵入を防ぐことは難しいです。

ユニクロのヒートテックグローブの裏地

リブのところを裏返してみました。この黒い部分がヒートテック素材で、ちゃんと指先まで記事があしらわれています。

起毛でふかふかしていていかにも保温性が高そう。

ユニクロのヒートテックグローブの生地を拡大

生地を拡大してみました。

ユニクロのヒートテックグローブを連結

こんな風にプラスチックのパーツで連結できるので、片方だけどこかへ行って見つからない・・・なんてことも防げそう。

ユニクロのヒートテックグローブを装着

実際に手にはめてみたらこんな感じです。冬用のグローブなので厚みはありますがそこまでぶくぶくにはなりません。

室内で装着したのも理由ですが、かなり暖かいです。なおかつ全体的にゆとりがあり指を動かしやすいです。

手のひらを思いっきりパーにしてもそれほど突っ張った感じがありません。

ユニクロのヒートテックグローブを装着

手のひら側です。この手袋は滑り止めが全ての指にあるのがいいですね。親指と人差し指だけにしかない商品もありますし。

ユニクロのヒートテックグローブを装着

ですがスマホ操作に対応しているのは親指と人差し指だけなので注意してください。

見た目が他の指も同じなので操作できそうに見えてしまいますが。まあ、タップもスワイプもピンチも二本指があればできるので、特に問題はないかと思います。

ユニクロのヒートテックグローブを装着して指を曲げたところ

バイクや自転車のハンドルを握るイメージで曲げてみました。

セブンイレブンのスマホ対応手袋より指に感じるつっぱり感が少なく操作はしやすそう。

去年の商品より親指部分がタイトになっており、曲げた時に生地が余り過ぎないのも好ポイントです。

ただしバイク専用品ほどアールがかかっておらず(ハンドルを握った時にちょうどいいフィット感になる)、指部分はけっこう厚みがあるのでちょっと曲げにくいですね。

仕様一覧

表地/手の甲 ポリエステル100%
表地/手のひら ポリエステル93%、ポリウレタン7%
表地/別布 合成皮革
表地/中わた ポリエステル100%
裏地/本体 ポリエステル84%、レーヨン16%
裏地/別布 ポリエステル100%
手首部分 ポリエステル93%、ポリウレタン7%
価格 1,620円(税込)

実際に外で使って防寒性を検証!セブン手袋との比較も

ユニクロの手袋とセブンの手袋

ちょうどバイクで最寄の駅に用事があった時に、ユニクロのヒートテックグローブを装着して行ってきました。

12月でしたが日中の気温は12℃とわりと暖か目。風もほとんど吹いていませんでした。

ハンドルを握ってまず思ったのがつっぱり感が少ないこと。とても握りやすくてウインカーを操作する時の親指も動かしやすかったですね。

防風性も全く問題なし。気温が高かったのもありますが、走っていても指先が指と指の間に風が入り込んでくる感じがほとんどなかったです。

先日レビューしたセブンイレブンの手袋は、冷たい風が中まで染み込んできてみるみるうちに指が冷えてしまったので、防風性という面ではユニクロが圧倒的に上です。

速度の出るバイクでこんな感じなので、自転車ならもっと寒い日でも快適に運転できると思います。

また、手のひらの割と全体に滑り止め素材があるので、アクセルの操作性も良好でした。

この2商品、価格が全く同じですがやはりアパレル専門メーカーのユニクロの方が満足度が高いですね。

より防寒性を高めるなら、インナーグローブと併用するのもいいですね。サイズが割とゆったりめなので2枚重ねでも問題なさそうです。

ユニクロのヒートテック手袋は2商品

ユニクロのヒートテックライナーキルティンググローブ

ユニクロの手袋にはもう一つのラインナップがあり、それがこのヒートテックライナーキルティンググローブです。

こちらはダウンをイメージしたキルティングデザインになっているのが特長。

ヒートテックライナーファンクショングローブより厚みがあり、いかにも保温性が高そうなボリューム感です。

ただし手のひらと指先部分の滑り止め素材はありません。親指と人差し指はスマホ対応にはなっているので操作性は大丈夫ですが。

あとは手首のリブがニット素材なのも異なるポイントです。

店舗で試着した感想ですが、全体的にかなりブカブカですね。割と指が太めの私でそう感じたくらいなので、大多数のかたが緩いと思うのではないでしょうか。

ユニクロ公式の口コミを見ても「サイズが大きい」「まるでミトンのようにブカブカ」なんて投稿があります。

ユニクロの商品は通販(公式ショップ)で購入できますが、この手袋に関しては店舗で実際に試着した方が良さそうですね。

スポンサーリンク