翻訳機ポケトークWを予約購入!初代との比較も交えてレビューしました

ポケトークWの写真

こんにちは!タノスケログ管理人のタノ助です。

今やポケット音声翻訳機のスタンダードになった感もあるポケトークですが、早くも2代目が登場することに!その名もポケトークWで2018年9月7日発売予定です。

この記事では、初代からどこが変わったのか、進化しているのかを徹底比較。私もさっそく予約したのでその手順もまとめました。

翻訳精度とスピードがさらに上がっているそうで、いやー早く実機を触ってみたい!

ポケトークW公式サイト

ポケトーク(W)とは

ポケトークの基本を軽くおさらいすると、音声で話しかけた言葉を好きな外国語に翻訳してくれる音声翻訳機です。

双方向に翻訳ができる
日本語を外国語に訳すだけでなく、外国語を日本語に翻訳することも可能。このことから双方向コミュニケーションツールと呼ばれたりもします。

たとえば他社商品のイリーなどは日本語からの翻訳しかできず、円滑なコミュニケーションをするにはポケトークに分があります。

ポケトークを使うにはインターネット接続が必須で、初代ではWi-Fiの他に海外でもそのまま使えるポケトーク専用SIMも用意されています。

海外旅行での意思疎通や、日本での外国人観光客とのコミュニケーションをはじめ、外国人が多く利用する施設での法人需要も多く、インバウンドに沸く日本でますます人気が高まっています。

ポケトークWと初代ポケトークの違い

ポケトークWになって初代とどこが変わったのか、以下の表にまとめました。

ポケトークW(新型) ポケトーク(初代)
外観 ポケトークWの外観 ポケトークの外観
サイズ 110mm×59.8mm×15.8mm 110mm×60mm×16mm
重さ 約100g 約90g
ディスプレイ 2.4インチ(320×240) タッチ対応 1.3インチ(320×320) タッチ非対応
対応言語数 74言語 63言語
Wi-Fi通信 802.11a/b/n/g
2.4GHz/5GHz帯
802.11b/n
Bluetooth 4.0まで対応 非対応
データ通信方式 3G:W-CDMA
4G:FDD-LTE
3G:W-CDMA
スピーカー 1.5W×2 0.8W
充電端子 USB-C Micro USB
カラー ホワイト、ブラック、ゴールド ホワイト、ブラック
価格 24,800円(本体のみ)
29,800円(専用SIMつき)
24,800円(本体のみ)
29,800円(専用SIMつき)

ここが進化!ポケトークW5大ポイント

1.液晶画面がタッチパネル対応になった

初代ポケトークは持っていますが、間違って液晶画面をトントンとタップしたことが何回あるか・・・。

初代は液晶画面の下の本体スペースがタッチパネルになっていますが、スマホ操作に慣れると画面タップが当たり前になりますよね。

その点、ポケトークWは液晶画面がタッチパネルに対応。すごいというかやっとこれで普通の操作性になった、という感じです。

液晶そのものも大きくなってますし、文字の大きさも4段階で調節が可能。初代は画面が小さく、文字もかなり細かったのでこれも嬉しいポイントです。

2.4GLTEが使えるようになった

ポケトーク独特のポロンという電子音の後に翻訳がされますが、場合によってはちょっとした間があります。

実際に異国で使うなら、できるだけスムーズに使えるほうがいいですよね。

初代は3G通信にしか対応してなかったポケトークですが、Wになって4G LTEに対応。国によっては3Gしか使えないこともありますが、条件が合うところではより高速で通信ができます。

3.SIMを挿さなくてもいい

ポケトークWで使うSIMはeSIMといって、カードを挿すのではなく本体に内蔵されています。

旧型はスマホ等と同じSIMカードを自分で挿して設定する必要があり、機械が苦手な方にとっては厄介な作業だったかと思います。

箱から出してすぐ使えるのはうれしいですね。

4.スピーカーがパワーアップした

ポケトークWは、初代がシングルスピーカーだったのに比べて、デュアルスピーカーにパワーアップしています。

人混みや賑やかな店舗の中で使うことも多いので、大音量かつはっきりと聞こえるようになるのは大きなメリットですよね。しかもノイズキャンセル機能付きのマイクで声をしっかり拾います。

スマホの翻訳アプリと比べても、やはり専用品ならではの高性能が光りますね。

5.翻訳スピードが上がった

これも4G通信対応になったのが大きいですが、翻訳スピードそのものも大きく向上。

最大で従来より7.5倍も高速になっています。

言葉の通じない異国でコミュニケーションするなら、すばやく翻訳できるのに越したことはないですよね。

ポケトークWを実際に予約購入した

発売が9月7日で現在は予約受付中ですが、さっそく申し込みしました。以下はパソコン画面からの手順になります。

ポケトークW公式サイト

まずはポケトークWのトップページにアクセスし、右上の「ご予約」をクリック。

ポケトークの予約申し込み画面

Wシリーズのラインナップ画面がでるので「予約する」をクリック。

ポケトークWのグローバル通信かWiFiか選択

グローバルSIMつきか、WiFiのみかを選ぶ画面になるので、どちらかを選びます。

ポケトークWのグローバル通信かWiFiか選択

私はSIM搭載モデルを選択しました。終わったら「次へ」をクリック。

ポケトークWの本体色を選ぶ画面

次は本体の色を選びます。ホワイト、ブラック、ゴールドの3色があります。決めたら「次へ」をクリックして進みます。

ポケトークWのケース選択画面

本体に装着する専用ケースを選ぶ画面に。ブラック、クリア、ホワイト、ライムグリーン、ライトブルー、ピンク、イエローとカラーバリエーションが大幅にふえました。

ポケトークWの液晶保護フィルム選択画面

専用の液晶保護フィルムのありなしを選びます。すべて選択し終わったら「次へ」をクリック。

ポケトークWのアクセサリ選択

専用アクセサリ(ポーチ、ネックストラップ、USB充電器アダプタ(1A・1ポート))の有無を選択します。私はどれも選択しませんでした。最後に「次へ」をクリック。

ポケトークのワイド延長サービス選択画面

2,900円で保証内容を厚くできるワイド延長保証サービスを選択します。

ワイド延長保障サービス
・保証期間が12ヶ月から36ヶ月に伸びる
・保証範囲が「自然故障のみ」から「落下や水没」まで拡大
 ※ただし自然故障以外で交換が必要な場合、5,000円(税別)の交換手数料が必要
・保証期間中、2回を上限として保証サービスを受けられる
ポケトークWの注文内容の確認

ポケトークWの注文内容の確認画面になります。間違いがなければ「上記内容で購入手続きへ」を押して進みます。

ポケトーク注文内容の確認

注文した内容が表示されます。

ソースネクストのログインフォーム

下にスクロールするとソースネクスト会員のログインフォームがあります。

もし、過去にソースネクストで何かを購入して会員登録をしていれば、ここからログインして手続きを進めます。

ソースネクストの個人情報入力フォーム

さらに下へ進むと、非会員向けの個人情報入力フォームがあります。

ソースネクストから初めて商品を購入する場合は、この入力フォームに情報を入力していってください。私は会員なのでログインして画面を進めます。

ポケトークWの予約注文最終の確認画面

予約注文の最終確認画面になります。

ポケトークWの予約注文最終の確認画面

すぐ下には住所や名前、支払い方法、発送方法を確認できます。

問題がなければ、上にある「注文する」ボタンをクリック。

ポケトークの予約注文画面

これで予約注文が完了しました。同時に登録したメールアドレスに注文確認のメールが送信されます。

手元に届いたら詳細なレビューをアップしたいと思います!

ポケトークW公式サイト

購入したポケトークWが届いたのでレビュー

ポケトークWの梱包箱

ついに新型ポケトークWが届きました!さっそく開封レビューをしたいと思います。ソースネクストのロゴが印刷されたダンボールは、初代よりかなり薄型になっているような気が。

ポケトークWのパッケージと各種書類

ダンボールを開けると、ポケトークが収められたパッケージと納品書などの書類が。あれ、同時購入したはずの専用ケースが入ってない・・・。

ポケトークWのケースの発売延期

と思ったらこんな用紙が。残念なことにポケトークWの専用ケースが発売延期になってしまったとのこと。当初の予定だった9月7日(金)から約一ヶ月後の10月5日(金)に発送されるようです。

ポケトークWのワイド保証サービス
これは予約時に申し込んだワイド延長保証サービスの注意書きです。

ポケトークWの納品書

納品書です。

パッケージを開封

ポケトークWのパッケージ

いよいよパッケージを開封していきます。実物大のポケトークWのイラストが書かれたシンプルな梱包です。

ポケトークWのパッケージを開封したところ

開けるとHelloと書かれたカードが。

ポケトークWの操作方法が書かれたシート

裏返すと充電のやり方と電源の入れ方がわかりやすいイラストで書かれています。右下には取扱説明書をダウンロードできるQRコードも。

ポケトークWの取扱い説明書(データ)

iPhoneでQRコードを読み取ってアクセスすると、取扱説明書(日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、フランス語)をダウンロードできます。

ポケトークWが箱に収まっているところ

ポケトークWの本体が収まっています。液晶画面には保護用のフィルムが貼られていますので、これは剥がす必要があります。

ポケトークWの本体(液晶側)

まずは液晶側から。色はホワイトを選びました。先代モデルは黒一色だったのもあり、こちらのほうがポップで柔らかい印象です。

ひと目見てわかるのは液晶画面の大きさ。先代は丸い窓で画面も小さく、文字も細かくて読みにくかった(最近老眼気味?)ので、画面サイズが上がったのは嬉しいポイント。

ポケトークWの本体(裏側)

裏側。初代モデルはSIMカードを挿すスロットがありましたが、新型はSIM内蔵(カードではなくデータが書き込まれている)なのもあり、すっきりシンプルなデザインに。

表面は光沢のある素材ですが、裏面は艶のない表面をしています。

ポケトークWの本体(側面)

側面から。こちら側に電源ボタンがあります。4秒以上押し続けることで電源が入ります。

ポケトークWの本体

反対側にはナノSIMカード用のスロットが。

ポケトークWの本体(スピーカー部分)

上部には出力が2倍になったスピーカーが。従来型もそこまで音が聞き取りにくいわけではなかったですが、より性能が上がっているので期待してしまいます。

ポケトークWの本体(底面)

底面は充電用のUSB-C端子とストラップ用の穴があります。

端子は初代モデルにあったゴムカバーがなくなり(あのカバーが地味に開けづらかったんですよね)、端子の向きを問わないUSB-Cなので、スムーズに充電ができそうです。

ポケトークWの操作ボタン部分

WiFiや言語の設定、翻訳時などに操作するボタン。しっかりとクリック感があり、iPhone SEのホームボタン(物理ボタン時代のiPhone)に感触が似ています。

初代ポケトークとポケトークWの大きさを比較

初代ポケトークとのサイズ比較。新型のほうが横幅と厚みが0.2mm大きいだけなので、見た目にはまずわかりません。

白は膨張色なので、写真ではポケトークWのほうが大きく見えますね。

あと、手に持つと新型のほうが「かたまり感」があり、質感が高いです。初代は前面パネル自体がペコペコと押せる仕様になっていて、とても3万近い商品とは思えない安っぽさだったので。

ポケトークWとiPhone8の大きさを比較

iPhone8とも比べてみました。手のひらにすっぽりと収まるコンパクトなサイズで、ズボンやシャツのポケットに入れても邪魔になりません。

スポンサーリンク