GMOとくとくBBのWiMAX機種変更はワナ?手続きするとキャッシュバックや割引のチャンスを失う

GMOBBのWiMAXの機種変更案内

現在WiMAXの他にYahoo!WiFi、ワイモバイルの3回線を契約して、何か回線マニアと化しつつある管理人タノ助です。

ところで先日届いたGMOとくとくBBからの案内。

ほんとGMOはこういうトラップ系の訴求は上手いな・・・と感心してしまいます。

GMOのWiMAXはもう4年くらい使っていて、先日2回目の機種変更の通知が届きました。2年前に一回、この機種変更をしてルーターを当時最新のものに変更しました。

※SMSに届きいてた機種変の案内

「事務手数料3,000円だけで最新ルーターになってラッキー」とその時は喜んでましたが、いま思えば大きな間違いですね。

私のやらかした失敗をもとに、なぜGMOの機種変更がおすすめできないのか、じゃあどうするべきなのか?について書きたいと思います。

物事は何でもそうですが、安易にいい話に飛びつくもんじゃないですね。

ちなみにWiMAXの通信そのものは基本的に快適です。ただし、自宅の中に入ると電波がほぼつながらないのがネックですが。。。↓

WiMAXとワイモバイルの電波比較

私の家ではWiMAXの電波が入らない|ワイモバイルのほうが快適に通信できている、という事実。

2018年3月7日

大前提としてWiMAXは契約更新月で乗り換えるべき

BroadWiMAXのキャンペーン

いきなり結論ですが、GMOとくとくBBが勧めてくるルーターの機種変更はやるメリットがないので、別のプロバイダへ新規契約で乗り換えるのがトクです。

その理由は以下の3つです。

理由①新規になるのでキャッシュバックを受けられる

WiMAXはいろいろなプロバイダがサービスを提供していますが、多くのところで新規契約のみのキャッシュバック特典があります。

契約するだけで30,000円、40,000円といった高額の現金を受け取ることができます。

このキャッシュバックは、たとえばGMOを解約してBroad WiMAXで契約といった乗り換え的な契約でも、当然ですが適用されます。

ところがGMOで機種変更した場合、当然ですが契約の継続なのでキャッシュバックは受けられません。

みすみす数万円もらえるチャンスを捨てることになります。

理由②月額が割引のプランを受けられる

これも新規契約にからむ話ですが、WiMAXは多くのプロバイダで、契約して数カ月は月額料金が割引になります。

最もスタンダードなギガ放題プランの場合、通常は4,200円くらいの月額が3,600円くらいになったり、プロバイダによっては最初の月は0円になったりします。

こういう特典も、機種変更をしてプロバイダを乗り換えなかったら受けられません。

理由①からしてもそうなんですが、WiMAXはひとつのプロバイダに長くいるのではなく、2年もしくは3年で乗り換えるほうがトクをするサービスです。

理由③同じ3,000円かかるなら新規のほうが

GMOの機種変更サービスは、機種代は0円ですが事務手数料として3,000円取られます。

これ、別に新規契約するわけじゃないのにすごく損した気になりませんか?3,000円ならWiMAXの1ヶ月分に近いですし、格安SIMのデータプランなら数ヶ月分にもなりそう。

おいしいランチも2回くらい行けますね。

他社プロバイダに乗り換えても事務手数料の3,000円は同じくかかりますが、気分的に継続契約より新規契約にかかるほうがまだマシな気がします。

GMOの機種変更は上記メリットを放棄する最悪パターン

また2年・3年の縛りになってしまう

GMOとくとくBBの機種変更サービスは、申し込んだ次月からまた新しい契約の始まりとなり、そこからまた契約終了まで違約金対象の期間になります。

契約終了月は唯一違約金がかからないので、ここで解約して他社に乗り換えるタイミングを逃すと、また2、3年先の話になります。

また、機種変更の案内は契約20ヶ月目から届くので、契約終了まで5ヶ月と中途半端な猶予があります。

つまり、とりあえず機種変更をして、数カ月後の契約終了で乗り換えたら違約金はかからないし・・・というのは間違いです。

解約や新規契約の手続きが面倒ならあり・・・かも

私もわりと面倒くさがりな方なんですが、WiMAXのような継続型のサービスって、ちょっとくらい不満があっても解約が面倒だし・・・と思ったりもするんですよね。

別サービスの話ですが、格安SIMの利用者がなかなか増えないのは、たとえ料金が安くなっても設定が面倒そう、という人が多いなんて話も。

実際に、2018年でも格安SIM利用者は全体の10%程度、というデータもあります。

情報元のサイト

メイン利用のMVNOシェアは10.1%|MMD研究所

WiMAXもいざ解約には手続きが必要ですし、他社で申し込む時もプランや機種の選択、入力フォーム、メールアドレス登録などいろいろやることがいろいろ。

現状のサービスに特に不満がないなら、いくら特典があっても面倒だから使い続ける、という選択肢もなくはないと思います。

WiFiルーターも2年も使えばバッテリーがヘタってきますし、持ち運ぶものなので傷だらけでボロボロになったりもするでしょう。

機器代は無料で最新モデルになるのは確かにメリット。

でもやはり個人的には、GMOの露骨な囲い込み戦略にまんまとハマっている気がして、素直に受け入れられないのが正直なところです。

スポンサーリンク