cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」の購入レビュー!18Wと控えめの出力が活きる使い道とは

cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」

コロコロとサイコロみたいなかわいいUSB充電器、cheeroのCHE-324を購入したのでレビューします。

コンパクトサイズですが高速充電のUSB PD対応、最大出力はやや控えめの18Wですが、通常のUSBに比べれば速いスピードで充電が可能。

POINT
基本的に出力の数字が大きいほど充電が早くなります。

接続した機器を自動識別して最適な充電をするAUTO-IC機能も備えています。

端子はUSB-C端子ひとつだけと割り切った仕様ですが、amazonで実売2,000円を切る低価格は魅力的。小さいので出張や旅行、ノマドワークに携帯しやすいのもメリットですね。

cheero CHE-324の基本情報

まずはCHE-324の性能や対応機器など基本情報になります。

サイズ 幅43mm×奥行き43mm×高さ38mm
重さ 約55g
入力 100~240V、50/60Hz、0.5A
出力 5V/3A、9V/2A、12V/1.5A
主な対応機器 Nintendo Switch/Macbook 12/Macbook Pro 13、15/iPad Pro/iPhone X/iPhone 8/iPhone 8 Plus/Google Pixel2、2XL、C/Samsung Notebook 9 Pro 13、15/Huawei Mate 9、9 Pro、10、10Pro/Matebook など

cheeroのUSB PD充電器CHE-324の購入レビュー

cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」のパッケージ

cheeroのCHE-324ですが、ボール紙の箱ではなくビニールでパッケージされています。

ちなみにcheeroはティ・アール・エイ株式会社が展開するブランド。ティ・アール・エイは創業が平成2年なので、もう30年近くの歴史がある会社です。

ダンボールをモチーフにしたキャラクター「ダンボー」のモバイルバッテリーなどの商品でもおなじみ。日本以外にアメリカやタイなどでも商品を販売しています。

▼裏面。バーコードの先頭2文字が45と49ではないので日本以外の生産かなと思いましたが、45も日本なんですね。1992年に45も追加されたそうです。

cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」のパッケージ裏面

▼中身も充電器本体と取扱説明書のみといたってシンプル。USBケーブルは付属していません。本体は薄いフィルムで保護されているので傷の心配はなさそうです。

cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」の内容物

▼フィルムを剥がすとピカピカに黒光りする本体が。いわゆるピアノブラックですね。艶があってキレイですがほこりや汚れ、指紋、傷は思い切り目立ちそう。

cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」本体

ものすごく小さいですが、cheeroのロゴの下に充電すると緑色に光るランプがあります。

▼かたちはほぼ立方体。

cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」の本体側面

▼USB-C端子は側面にあります。すぐ下にあるのは折りたたみ式のコンセントです。

cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」の端子

▼サイコロみたいで思わず転がしたくなります笑

cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」の本体

▼コンセントは収納時は本体とツライチになるので、まったく邪魔になりません。

cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」のコンセント

▼使う時はこのように90°回転させます。引き上げる時はバネが硬いのか、指先にけっこう力が入ります。もう少し軽くてもいい気がします。

cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」のコンセントを引出したところ

▼パッケージの裏面にも仕様表がありましたが、本体側面にも印刷されています。

cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」の本体裏面

CHE-324のサイズ比較

▼iPhone8と大きさを比較しました。こうして見るとサイズは圧倒的にコンパクトですね。

cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」のサイズをiPhone8と比較

ただし立方体なので厚みはあります。薄型のスリーブケースやポケットなどに入れるとポコッと出っ張りそう。ポーチとかのほうが合いそうです。

cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」のサイズをiPhone8と比較

実際にコンセントに挿すとこんな感じ

▼カフェのテーブルにある電源コンセントに挿してみました。こういうスペースだとコンパクトサイズが活きてきます。机の上を広々と使えますね。

cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」をコンセントに挿したところ

ただし、コンセントの向きからすると端子が上面に来ると思うので、ケーブルがぴょんと上に伸びます。側面か手前の面に端子があったほうが配線はスマートだと思います。

取扱説明書の内容

▼基本的にコンセントに挿して使うだけの商品なので、説明書もほとんどが注意書きで占められています。100V電源につなぐので、濡れた手で使うなどは厳禁です。

cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」の取扱説明書表面

▼裏面の下半分は保証書になっているので、なくさないよう保管しておきましょう。

cheeroのUSB PD充電器「CHE-324」の取扱説明書裏面

ニンテンドースイッチ充電時の出力を計測

▼USB-C端子を採用し、5V以上で充電できるニンテンドースイッチを実際に充電。実際にどれくらいの電力になったかを計測したのが以下の写真です。

che324でニンテンドースイッチを充電

電圧はCHE-324上限のきっちり12V、電流は0.4A~0.5Aあたりなので、だいたい6Wくらいで充電できています。充電しながらのプレイも可能でした。

最大5Vまでしか出ない通常のUSB充電器やモバイルバッテリーでは、ゲームを起動しながらの充電はできません(だんだんバッテリーが減っていく)。

ということで十分に実用レベルです。

cheeroのUSB PD充電器CHE-324のベストな使い方は

CHE-324はUSB PDとしては最大出力が18Wと低いです。cheeroと並んで人気のAnkerやRAVPower、AUKEYの商品で30W、45W、60Wといった商品もあります。

私が持っているAnkerの充電器も最大30Wです。

アンカーのPowerPort I PD-1 PD&4 PowerIQレビュー1

ニンテンドースイッチ充電ならこれ!アンカーのUSB-C対応充電器「PowerPort I PD-1 PD&4 PowerIQ」購入レビュー

2018年3月23日

USB-Cは最近対応機種が増えているノートパソコンを充電できるのが大きな売りです。

ところが、マックブックをはじめ多くの機種は電源が30W以上。つまり18Wでは出力が足りないので充電時間が大幅に長くなるか、起動中の充電は不可能になります。

ですがスマートフォンなら最大18Wは十分すぎる出力なので、USBPDならではのハイスピード充電の恩恵を受けられます。

今のところは、CHE-324はスマホやタブレットの高速充電器として使うのが最適です。

また、より高出力な充電器がいいなら以下のリンク先で人気の機種を一覧で紹介していますので、こちらもぜひご確認ください。

USB PD充電器

USB PD対応の充電器まとめ!購入の際の重要ポイントは最大出力、電源プラグのタイプ、端子数

2018年11月13日

スポンサーリンク